Reviews

筋腫を治療することができます

2019年6月26日 手術による治療. 手術では、症状の改善と、子宮筋腫を根本的に治すことが可能です。大きく分けると「子宮筋腫だけを切除する手術」と、「子宮を 開腹手術は、どの子宮筋腫にも対応できますが、傷あとが大きく、回復に時間がかかります。 2019年11月27日 子宮筋腫の根本的な治療法は手術ですが、薬で子宮筋腫を小さくしたり、出血や痛みなどの症状を軽くすることができます。 初経前には子宮筋腫はみられず、また閉経後にも新たな子宮筋腫の発生はなく、すでに存在する筋腫も縮小します。 子宮筋腫というのは、子宮にできる女性ホルモンの影響で成長する良性の腫瘍です。 子宮筋腫の種類は、できた場所により、漿膜下筋腫、筋層内筋腫、粘膜下筋腫の3種類に分けられます。漿膜下筋腫とは、子宮の一 それにより子宮内膜のはがれる部分大きくなり過多月経などの症状が現れることもあり、また不妊症や流産の原因にもなります。筋層内筋腫 を示します。小さくても手術による治療が必要になることも多くなります。 他の不妊原因が無い時には子宮筋腫の治療をする事で妊娠しやすくなるケースもあります。 に依存して成長する疾患なので、ピルによって女性ホルモンを一定にコントロールする事で筋腫の成長を止める事や、場合によっては筋腫を小さくすることが出来ます。 子宮筋腫はお薬で治すことは出来ません。ただし、お薬で症状(出血)のコントロールはできます。そのため妊娠を考えておられない方であればピルという選択肢が出てきます。 しかし、妊娠を考える方やもう薬などを使うことなく病気を解決したいという方には手術 

当院で行っている一般的な子宮筋腫の摘出術(これを腹腔鏡下子宮筋腫核出術といいます)は、全身麻酔で施行し、術後3−4日目に また出血部位には癒着がだんだんと出来て、月経以外の時にもさまざまな痛みが出てくるようになります。 治療は、症状の程度や、妊娠希望の有無や、年齢などによって患者さん個別に相談することになります。

ます。 筋腫は大きくなると膀胱や骨盤内の臓器を圧迫することがあるので、「尿が近い、下腹部が重苦しい、腰や下肢が痛みしびれる」などの症状を 筋腫に伴う過多月経を治療するだけならマイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)を選択することもできます。

子宮筋腫はお薬で治すことは出来ません。ただし、お薬で症状(出血)のコントロールはできます。そのため妊娠を考えておられない方であればピルという選択肢が出てきます。 しかし、妊娠を考える方やもう薬などを使うことなく病気を解決したいという方には手術 

ただし子宮頸部という場所にできた筋腫は核出が極めて難しくこの場合子宮全摘術も熟練を要します。 にはエストロゲンが含まれていますので過多月経などの症状は改善しても子宮筋腫は増大することもあります。 また、赤ちゃんができにくくなったり、流早産しやすくなったりもします。 2.筋層内子宮筋腫. 子宮の筋肉の中にできる子宮筋腫で、 がねじれることで、急な強い腹痛があったりする場合もあります。 お産の際の出血が多くなる可能性もあります。 子宮筋腫の治療. 子宮筋腫、チョコレート嚢腫ともにエストロゲンの作用で大きくなりますのでこれらに対する薬物療法はエストロゲンの分泌を抑えれば子宮筋腫、チョコレート嚢腫の発育を抑えることができます。脳下垂体を抑制する事により卵巣からのエストロゲン分泌を抑える薬 

しています。子宮筋腫の内視鏡手術には、「腹腔鏡手術」と,「子宮鏡手術」の2つの方法があります。 傷自体は小さくて済みますが、子宮筋層を切ったり縫ったりすることは開腹手術と同じで、子宮筋層へのダメージがあります。 これに対して 子宮を切らないので手術の翌日には退院が可能で、数日たつと仕事も再開できます。 切らない筋腫 

子宮筋腫があれば全て治療をうけなければいけないという訳ではありません。 定期的な検診を また治療は必要ないものの、定期的な通院が必要な時は、具体的な通院の期間についてお話をしましょう。 これらのお薬は子宮筋腫を小さくする事ができます。 その他、閉経前であること、妊娠していないこと、子宮筋腫以外に感染症や悪性の病気がないことなどがこの治療を行う条件となります。また治療の際に使用するヨード造影剤や、ゼラチンからできている「ゼラチンスポンジ」など塞栓物質に対する重篤な  できた場所によって、粘膜下筋腫(子宮の内側)、筋層内筋腫(子宮の筋肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側)に分けられています。 代表的な そのため子宮筋腫の治療は腫瘍の大きさを制御することと症状を緩和することが重要な目的となります。主な治療法に  子宮筋腫に対する治療はいろいろなものがあり、子宮筋腫の状態や症状、患者さまの状況や希望によって治療法を選択することができます 3cm以下の小さい粘膜下子宮筋腫に限り、お腹を切らない子宮鏡手術で摘出することができます。1泊2日の入院です。