Reviews

麻イラクサ

ラミー(苧麻)について - 日本麻紡績協会 ラミー(Boehmeria tenacissima Gaud. Boehmeria nivea Gaud.)は、イラクサ科に属する多年生の草本類で、 地下に根株を形成し、これから多数の発芽をします。 草丈は、通常1.5~2.0mに伸長し、基部が太く先端に向かって漸次細く、中央部で直径1cm内外となります。 亜麻(リネン)・苧麻(ラミー)・大麻(ヘンプ)について|繊維の知識| … 苧麻とは、ちょ(苧)麻(Boehmeria nivea, Boehmeria tenacissima)の茎からの繊維のことをいいます。 イラクサ科の多年生の草木類です。苧麻は2種類に大別され、1種は葉の裏に白毛を密生する白葉苧麻種であり、もう1種は葉の裏に毛は無い緑葉苧麻です。 ヘンプ(麻)の歴史と魅力、その効果 | びんちょうたんコム ヘンプ(麻=大麻)は、日本ではネガティブなイメージのある植物。 しかしそのイメージは、ここ数十年で作られたものなのです。 古来日本人はヘンプ(麻)を大いに活用してきました。 それがなぜ、禁じられた植物になってしまったのか。 『からむしと麻』上映。麻糸づくりの原点をたどる【麻糸博覧会 …

からむし」は、一般的には聞きなれない植物かなあ、と思います。この植物は、「苧(ちょ)」「苧麻(ちょま)」などとも呼ばれる麻の一種で、夏場に刈り取って、その皮から繊維を取り出します。イラクサ科の多年草で、成長すると背丈が150センチほどになります。

麻(あさ)は、植物表皮の内側にある柔繊維または、葉茎などから採取される繊維の総称。 狭義の麻(大麻、Cannabis sativa)と、苧麻(からむし)の繊維は、日本では広義に麻と呼ばれ、和装の麻織物(麻布)として古くから重宝されてきた。 狭義の麻は、神道では重要な繊維であり様々な用途 イラクサ - Wikipedia イラクサ(刺草・蕁麻、英名:Nettle、学名:Urtica thunbergiana)とは、イラクサ科 イラクサ属の多年生植物の一種、または総称。 多年生植物で30~50cmの高さになり、茎は四角く、葉と茎に刺毛がある。6月から9月にかけて葉腋から円錐形に緑色の花をつける。 イラクサというどこにでも生えている麻の仲間 - えんきぶろぐ

麻100%のシンプルなワークキャップだよ♪ 。イラクサ100% ワークキャップ l 100% uvカット ワークキャップ ユニセックス 帽子 ヒッピー エスニック アジアン ファッション レディース メンズ 麻 イラクサ 100% 夏 紫外線 アウトドア 紫外線対策 uv 女性用 男性用 つば広 フェス 春 夏 秋 冬

2016年11月15日 古代から日本に自生し繊維利用の盛んだった植物である大麻を麻と呼称していましたが、後に海外より持ち込まれたアマ科の亜麻(Linum usitatissimum)やイラクサ科の苧麻(Boehmeria nivea var. nipononivea)などを含めた植物繊維全般  2016年1月3日 リネン、麻(家庭用品品質表示法による指定用語), 亜麻(あま), アマ科, 植物の茎. ラミー、麻(家庭用品品質表示法による指定用語), 苧麻(ちょま), イラクサ科, 植物の茎. ヘンプ, 大麻, アサ科, 植物の茎. ジュート, 黄麻(こうま), バショウ科  ナガバヤブマオ(長葉藪芋麻、学名:Boehmeria sieboldiana)は、日本原産で、イラクサ科カラムシ属の多年草の野草です。別名で「イヌヤブマオ」や,「 タイワントリアシ」とも呼ばれます。 日本の本州山形県以西〜沖縄県の山地で木陰に自生します。草丈が 

2016年11月15日 古代から日本に自生し繊維利用の盛んだった植物である大麻を麻と呼称していましたが、後に海外より持ち込まれたアマ科の亜麻(Linum usitatissimum)やイラクサ科の苧麻(Boehmeria nivea var. nipononivea)などを含めた植物繊維全般 

U. macrorrhiza (粗根蕁麻・靑活麻・活麻・火麻・蕁麻・老虎麻)中国(雲南・西藏)産 エゾイラクサ U. platyphylla 日本(北海道・本州中部以北)・千島・樺太・シベリア東部・カムチャツカに分布。 イラクサ U. thunbergiana(蕁麻) 麻について考える 大麻と苧麻 …どこにでもあるもの…以外に本物 … 麻は本当は一年中着ることができる素材ですが、やはり夏場に人気があるようです。麻は熱をこもらせないため、裸でいるよりも麻をまとう方が涼しい、、、と言われます。着ていて大変気持ち良いということは、エネルギーが満ちているということです。